ヒロセ通商

スワップポイントならヒロセ通商のLION FX

LION FXの実力 業界最高水準高スワップ
LION FXの実力 業界最高水準高スワップ

※1 このスワップポイントに関して、[トルコリラ/円は10Lot(10,000通貨)当たり、南アランド/円は100Lot(100,000通貨)当たり、メキシコペソ/円は10Lot(100,000通貨)当たり]のスワップポイントを表示しています。
※2 スワップポイントは政策金利や為替変動等によって日々変動します。また、プラス(受け取り)からマイナス(支払い)に転じる場合もあります。

※1 このスワップポイントに関して、10Lot(10,000通貨)当たり[南アランド/円は100Lot(100,000通貨)当たり、メキシコペソ/円は10Lot(100,000通貨)当たり]のスワップポイントを表示しています。
※2 スワップポイントは政策金利や為替変動等によって日々変動します。また、プラス(受け取り)からマイナス(支払い)に転じる場合もあります。
※3 単位:1pip=0.0001 掲載日:2019年11月11日 スプレッド適用時間:AM9:00~翌日AM2:00(トルコリラ円はPM3:00~翌日AM1:00) 適用時間のうち、流動性の低い時間帯や経済指標発表時等の例外的な事象、さらに天変地異の突発的な事象により、スプレッドが広がり、約定結果が上記スプレッドと合致しない場合もあります。

スワップポイントで比較

LION FXの高金利通貨ペアでは、業界最高水準のスワップポイントを提供しております。
他社と比較しても高水準のスワップポイントとなっております。

スワップポイントを他社と徹底比較!

※1 このスワップポイントに関して、[トルコリラ/円は10Lot(10,000通貨)当たり、南アランド/円は100Lot(100,000通貨)当たり、メキシコペソ/円は10Lot(100,000通貨)当たり]のスワップポイントを表示しています。
※2 スワップポイントは政策金利や為替変動等によって日々変動します。また、プラス(受け取り)からマイナス(支払い)に転じる場合もあります。

スワップポイントで比較

LION FXの高金利通貨ペアでは、業界最高水準のスワップポイントを提供しております。
他社と比較しても高水準のスワップポイントとなっております。

スワップポイントを他社と徹底比較!

※1 このスワップポイントに関して、[トルコリラ/円は10Lot(10,000通貨)当たり、南アランド/円は100Lot(100,000通貨)当たり、メキシコペソ/円は10Lot(100,000通貨)当たり]のスワップポイントを表示しています。
※2 スワップポイントは政策金利や為替変動等によって日々変動します。また、プラス(受け取り)からマイナス(支払い)に転じる場合もあります。

365日運用した場合は?

ZAR/JPY(南アフリカランド/円)を10万通貨持つのに証拠金は40,000円必要となり、実績として2019年1月13日から2020年1月13日まで10万通貨保有していた場合、150円×365日=54,750円となります。

※40,000円の有効証拠金だけでは、ロスカットになりますのでご注意下さい。ロスカットにならない余裕を持った資金を入れておく必要があります。

※上記スワップポイントに関して、100Lot(100,000通貨)当たりのスワップポイントを表示しています。スワップポイントは政策金利や為替変動等によって日々変動します。また、プラス(受け取り)からマイナス(支払い)に転じる場合もあります。※ 参考レート2020年1月13日

スワップ派トレーダーに人気のLION FX

365日運用した場合は?

ZAR/JPY(南アフリカランド/円)を10万通貨持つのに証拠金は40,000円必要となり、実績として2019年1月13日から2020年1月13日まで10万通貨保有していた場合、150円×365日=54,750円となります。

※40,000円の有効証拠金だけでは、ロスカットになりますのでご注意下さい。ロスカットにならない余裕を持った資金を入れておく必要があります。

※上記スワップポイントに関して、100Lot(100,000通貨)当たりのスワップポイントを表示しています。スワップポイントは政策金利や為替変動等によって日々変動します。また、プラス(受け取り)からマイナス(支払い)に転じる場合もあります。※ 参考レート2020年1月13日

スワップ派トレーダーに人気のLION FX

トルコ・南アフリカ・メキシコの経済状況

【トルコ経済】

トルコの産業はサービス業が約60%、工業が約25%で人口8000万人、若年人口も非常に多く今後も伸びていき、2018年にはヨーロッパ最大の人口大国となることが予想されています。中東で最大の経済規模を誇り、主産業である観光産業以外に自動車産業といった重工業にも進出しGDPは安定した成長を遂げています。
経済成長率は2009年には-4.70%とマイナス成長でしたが、2011年には11.11%と急成長。ただし2016年は世界経済の鈍化もあり2.88%とトルコの成長率も鈍化しました。金融システムは安定しており金融機関の破たんはリーマンショック時でも発生していないほど健全性が高いです。政策金利は段階的に下げてきていますが、それでも中銀の目標の5%プラスマイナス2%の上限を越すこともあるため慎重な金融政策を維持するものと考えられています。

【南アフリカ経済】

マンデラ政権が発足したことを受け、新生南アフリカ発足の意識にも支えられて、1996 年頃には、内需を中心に好調な動きを見せていました。しかし1998 年には、アジア通貨危機・ロシア通貨危機のショックによる影響を受けて鈍化を余儀なくされました。その後、2004 年から2007 年にかけては、4年連続で、5%前後の高い経済成長を遂げました。また、2003 年から2006 年まで続いた金利低下と民間銀行による低所得層向け融資拡大といった金融面の要因も、個人消費拡大を支えました。
ところが、2012 年以降、景気は再び鈍化傾向に陥り、南アフリカの経済成長率は、2015 年は1.3%にとどまり、2016 年は0.2%にまで鈍化したと見られます。2017 年以降、干ばつの影響が解消することでインフレ圧力は低下し、中銀は利下げに向かうと見られます。こうしたことから、経済成長率は、今後、1~2%台へと緩やかに回復していくと見られています。

【メキシコ経済】

石油が大きな外貨獲得源でカリブ海沿岸地域を中心に多くの油田が点在しています。それ以外に銀・オパール・銅の採掘も盛んです。また、太平洋・大西洋に接しているため海上交通手段がアジア・オセアニア向け、欧州英国向けともに簡単に構築できるため工業化が進んでいます。海外企業の自動車製造工場などが建設されて外貨獲得に貢献しており家電製品生産なども盛んで主な貿易相手国はアメリカ、カナダ、日本、スペインとなっています。
メキシコの輸出入貿易額に占めるFTA 締結相手国との貿易比率は2014 年時点で81.1%。輸出だけでみれば、FTA 締結相手国向け比率は92.8%に達するなど多大なFTAの恩恵を受けていると言えます。2017年は伝統的な一次産品である鉱業が伸び悩みましたが、製造業、および国内サービス産業が堅調で実質GDP成長率2%前後になる見通しで、来年2~3%の成長が見込まれています。しかしトランプ政権との間で北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を行うことが今後の問題点として指摘されています。

トルコ・南アフリカ・メキシコの経済状況

【トルコ経済】

トルコの産業はサービス業が約60%、工業が約25%で人口8000万人、若年人口も非常に多く今後も伸びていき、2018年にはヨーロッパ最大の人口大国となることが予想されています。中東で最大の経済規模を誇り、主産業である観光産業以外に自動車産業といった重工業にも進出しGDPは安定した成長を遂げています。
経済成長率は2009年には-4.70%とマイナス成長でしたが、2011年には11.11%と急成長。ただし2016年は世界経済の鈍化もあり2.88%とトルコの成長率も鈍化しました。金融システムは安定しており金融機関の破たんはリーマンショック時でも発生していないほど健全性が高いです。政策金利は段階的に下げてきていますが、それでも中銀の目標の5%プラスマイナス2%の上限を越すこともあるため慎重な金融政策を維持するものと考えられています。

【南アフリカ経済】

マンデラ政権が発足したことを受け、新生南アフリカ発足の意識にも支えられて、1996 年頃には、内需を中心に好調な動きを見せていました。しかし1998 年には、アジア通貨危機・ロシア通貨危機のショックによる影響を受けて鈍化を余儀なくされました。その後、2004 年から2007 年にかけては、4年連続で、5%前後の高い経済成長を遂げました。また、2003 年から2006 年まで続いた金利低下と民間銀行による低所得層向け融資拡大といった金融面の要因も、個人消費拡大を支えました。
ところが、2012 年以降、景気は再び鈍化傾向に陥り、南アフリカの経済成長率は、2015 年は1.3%にとどまり、2016 年は0.2%にまで鈍化したと見られます。2017 年以降、干ばつの影響が解消することでインフレ圧力は低下し、中銀は利下げに向かうと見られます。こうしたことから、経済成長率は、今後、1~2%台へと緩やかに回復していくと見られています。

【メキシコ経済】

石油が大きな外貨獲得源でカリブ海沿岸地域を中心に多くの油田が点在しています。それ以外に銀・オパール・銅の採掘も盛んです。また、太平洋・大西洋に接しているため海上交通手段がアジア・オセアニア向け、欧州英国向けともに簡単に構築できるため工業化が進んでいます。海外企業の自動車製造工場などが建設されて外貨獲得に貢献しており家電製品生産なども盛んで主な貿易相手国はアメリカ、カナダ、日本、スペインとなっています。
メキシコの輸出入貿易額に占めるFTA 締結相手国との貿易比率は2014 年時点で81.1%。輸出だけでみれば、FTA 締結相手国向け比率は92.8%に達するなど多大なFTAの恩恵を受けていると言えます。2017年は伝統的な一次産品である鉱業が伸び悩みましたが、製造業、および国内サービス産業が堅調で実質GDP成長率2%前後になる見通しで、来年2~3%の成長が見込まれています。しかしトランプ政権との間で北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を行うことが今後の問題点として指摘されています。

小林芳彦流スワップトレードとは?

スワップトレードというと高金利通貨のクロス円を買ってそのまま放置するという
イメージが一般的かと思いますが、私がイメージするスワップトレードは、
高金利のスワップ金利を受け取りながら為替差益も狙うトレードを意味しています。
高スワップ金利を享受しつつ為替差益を得るにはまず通貨のトレンドが
円安に向かっていなくてはなりません。
少なくとも下落トレンドでは中・長期のスワップトレードは
収益を生みにくいので反転を待たなくてはなりません。
例えば、南アランド円です。
長期のトレンドを確認するために週足のチャートを見てみましょう。













2010年の高値13.080からダウントレンドラインが引けています。
2016年初頭の安値6.267と2016年6月の6.306、
更に2019年1月初頭のフラッシュクラッシュで
6.435まで下げましたが安値は更新出来ませんでした。
下値が大分固い印象です。

次に日足のチャートを見てみましょう。
南アランド円は、9.000から上が重たい印象の中、フラッシュクラッシュで7.500から6.435まで一気に下げロングポジションが損切りさせられたことで、下押しする材料が無くなり、一旦7.500円台で下値を固めて8.236まで戻しました。
その後は2018年2月26日の高値9.270から引いた日足のトレンドラインが上値を抑え、 その後の戻り高値8.049、7.800できれいに止まり2019年8月26日に6.754と2018年8月の安値を割り込み、フラッシュクラッシュ時の安値6.435を意識した動きとなっています。
現在は6.500‐7.500というレンジであり、日足の一目均衡表の雲上限や90日移動平均線に上値を止められ揉み合いとなっています。
新規で買うなら6.750-6.950ぐらいでサポートされるかどうかを見つつ6.500にかけて分割して押しを買うスタンス。 ただし7.500にかけては分割して決済する等、スワップ金利を受け取りながら上がったところではしっかりと為替売買益を確保するトレードをお薦めしたいと考えています。
為替差益と高スワップ金利を同時にゲットできるスワップトレードをお考えになってみてはいかがでしょうか?

※このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。 お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。
この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。
著作権はヒロセ通商株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

小林芳彦流スワップトレードとは?

スワップトレードというと高金利通貨のクロス円を買ってそのまま放置するという
イメージが一般的かと思いますが、私がイメージするスワップトレードは、
高金利のスワップ金利を受け取りながら為替差益も狙うトレードを意味しています。
高スワップ金利を享受しつつ為替差益を得るにはまず通貨のトレンドが
円安に向かっていなくてはなりません。
少なくとも下落トレンドでは中・長期のスワップトレードは
収益を生みにくいので反転を待たなくてはなりません。
例えば、南アランド円です。
長期のトレンドを確認するために週足のチャートを見てみましょう。
2010年の高値13.080からダウントレンドラインが引けています。
2016年初頭の安値6.267と2016年6月の6.306、
更に2019年1月初頭のフラッシュクラッシュで
6.435まで下げましたが安値は更新出来ませんでした。
下値が大分固い印象です。

次に日足のチャートを見てみましょう。
9.000から上が重たい印象の中、フラッシュクラッシュで7.500から6.435まで一気に下げた南アランド円でしたが、ロングポジションのコストの高いものがこれで損切りさせられたことで、逆に下押しする材料が無くなった状態であり、現状は7.500円台で下値を固めて8.000円台まで戻して来ました。
現在は7.500‐8.550というレンジであり、日足の一目均衡表の雲で下値を支えられ90日移動線を上にブレイク。更に200日移動平均線も越しており押し目買いするにはいいチャンスではないかとイメージしています。
7.700から7.500にかけて押し目買いを数回に分けて分割して買い下がりながらロングを構築。
8.250から8.550にかけては分割して決済する等、スワップ金利を受け取りながら上がったところではしっかりと為替売買益を確保するトレードをお薦めしたいと考えています。
為替差益と高スワップ金利を同時にゲットできるスワップトレードをお考えになってみてはいかがでしょうか?

※このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。 お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。
この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。
著作権はヒロセ通商株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

安心と信頼のヒロセ通商&安心の信託保全&安心の高機能システム

<安心と信頼のヒロセ通商>
2016年3月18日にJASDAQ(スタンダード)に上場しており、お客様から選ばれ続ける企業としまして、2020年オリコン顧客満足度ランキング FX取引 総合 第1位に選ばれました。

<安心の信託保全>
お客様に安心してFXをご利用頂くため100%の信託保全も完備しております。

<安心の高機能システム>
日本最大級のシステム開発会社であるIIJ(インターネットイニシアティブ)が開発する安心の高機能システムLION FX!国内のインターネット業界のレジェンドとも言えるIIJが「LION FX」の心臓部分である、処理速度、安定性を支えています。

安心と信頼のヒロセ通商&安心の信託保全&安心の高機能システム

<安心と信頼のヒロセ通商>
2016年3月18日にJASDAQ(スタンダード)に上場しており、お客様から選ばれ続ける企業としまして、2019年オリコン顧客満足度調査FX取引FX専門業者第1位(4年連続 第1位)に選ばれました。

<安心の信託保全>
お客様に安心してFXをご利用頂くため100%の信託保全も完備しております。

<安心の高機能システム>
日本最大級のシステム開発会社であるIIJ(インターネットイニシアティブ)が開発する安心の高機能システムLION FX!国内のインターネット業界のレジェンドとも言えるIIJが「LION FX」の心臓部分である、処理速度、安定性を支えています。

決済損益にゾロ目を揃えてキャンペーン商品GET!

毎月実施!ゾロ目キャンペーン!

LION FXで約定履歴情報一覧の各決済損益に「0,1,2,3,4,5,6,7,8,9」の中で同じ数字が連続で3つ以上並べば
キャンペーン商品をプレゼントしています!!キャンペーン詳細は下記リンクよりご確認ください。

キャンペーン詳細はこちら

キャンペーンも豊富なLION FXでは、お客様に楽しみながら取引をして頂けます。

決済損益にゾロ目を揃えてキャンペーン商品GET!

毎月実施!ゾロ目キャンペーン!

LION FXで約定履歴情報一覧の各決済損益に「0,1,2,3,4,5,6,7,8,9」の中で同じ数字が連続で3つ以上並べば
キャンペーン商品をプレゼントしています!!キャンペーン詳細は下記リンクよりご確認ください。

キャンペーンも豊富なLION FXでは、お客様に楽しみながら取引をして頂けます。
LION FXの圧倒的実力 利用するユーザーを魅了する高スペック お客様の要望をカタチとして実現する 毎月のバージョンアップが更にLION FXを進化させる
LION FXの圧倒的実力 利用するユーザーを魅了する高スペック お客様の要望をカタチとして実現する 毎月のバージョンアップが更にLION FXを進化させる

会社概要

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
本社:〒550-0013 大阪市西区新町1丁目3番19号 MG ビル
TEL:0120-63-0727(フリーダイヤル) 06-6534-0708(代表)
FAX:0120-34-0709(フリーダイヤル) 06-6534-0709

会社概要

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
本社:〒550-0013 大阪市西区新町1丁目3番19号 MG ビル
TEL:0120-63-0727(フリーダイヤル) 06-6534-0708(代表)
FAX:0120-34-0709(フリーダイヤル) 06-6534-0709

ヒロセ通商